インプラント治療とは…
  歯科インプラントを日本語にすると人工歯根つまりは歯の根になる金属体を顎の骨の中に埋め込みそれに根の代わりをさせるもの。この根には人工の歯を装着する事により失われた歯がよみがえります。入れ歯や差し歯にかわる新しい治療法としていま注目されています。
インプラント治療の利点は…
  インプラント治療による利益は次の3点です。
1. 歯が無くなるとその部分の顎の骨は痩せてきてしまいます。これは歯根を通して伝わるはずの適度な刺激がなくなるため回りの骨が退化してしまいます。インプラントにより人工の歯根が入るわけですからその場所のそれ以上の骨吸収を防ぎます。
2. ブリッジと違いインプラントは健康な歯を削る事なく治療できます。
3. 義歯(入れ歯)をインプラントを使って固定する事が出来ます。
日本でインプラント治療を受けるのと違いは…
  現在のところアメリカのインプラント治療の方が日本より進んでいます。 日本のトップレベルのドクターはやはりアメリカに勉強に来ています。
金属で出来ているインプラントが体の一部になれるの…
  インプラントは通常チタンで出来ています。チタンという金属はとても軽く又強い事で知られていますが、生体親和性が高い特性があり、体内に入ったとき 骨細胞がこれに対して異物反応を起こしません。したがって骨細胞がチタンの表面に結合して一体化します。
インプラントにすると歯磨きは…
  インプラントは確かに金属で出来ているので虫歯にはなりません。しかし 歯の周りには歯茎がありますので歯周病(歯槽膿漏)にはなってしまいます。 歯の手入れは必要です。
インプラント治療の成功率は…
  インプラントの成功率は15年のデーターで上顎は95%ぐらいで下顎の場合は98%ちかくあります。これは永久歯の保存率より高い数値です。
インプラント治療は保険でカバーされるの…
  現在のところ殆どの保険会社はインプラント治療をカバーの対象としておりません。しかしながら最近インプラント治療をカバーしてくれる保険会社が現れてきています。またインプラントでなくブリッジか義歯の治療をした時のカバー額を支払ってくれる保険もありますので歯科医院に相談してください。
インプラント治療にかかる時間は…
  インプラントの埋入後歯をつけてインプラントを歯根の代わりに利用するには、インプラント体と周りの骨が完全に結合してからする必要があります。骨の回復は通常3ヶ月ほどかかります。したがってこの期間は歯がつけられません。これはあくまで目安であって、患者の骨や体のコンディションによって異なります。最近ではインプラントの表面に特殊なコーティングを施しそれによりインプラントと骨細胞の結合に要する期間が以前の4分の1ぐらいに縮まっていますので急ぐ場合でも治療が可能になりました。

■診察時間
曜日 月曜(隔週) 火曜〜木曜 金曜 週末
時間 午前10時〜午後5時 手術時のみ 休診
400 E. 2nd Street, Suite207 Los Angeles, CA 90012
TEL:213-687-3895